スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

裁判員制度のドラマ・・ フジテレビ

「土曜プレミアム 衝撃の逆転裁判ドラマサマヨイザクラ~あなたに死刑判決は下せるか」を観て

実に裁判員制度このドラマで裁判員とは凄く重い仕事だとつくづく思った、人を裁判で死刑にするか死刑回避にするか、無罪するか、難しい、検察の意見、弁護側の意見そして、本当に被告人が犯行を行ったのか、個人の感情で死刑なったりするのは・・・たった5日で人の死を選ぶ、人が裁く実に恐ろしい気分です。はっきり犯人が犯行証拠、犯行内容が明確だったら死刑、懲役刑も有ると思うけど、それも本当だか分からない、実際は被告人しか分からない、毒入りカレー事件だって本人しかわからないやっぱり証拠、目撃者、ではっきりするのか?目撃した人が間違えている恐れもありうるかもしれません そんな中で裁判員は決められた時間で・・・。

ドラマの中で「いじめ」が発端で実際犯行をしてないのに裁判で自分が犯人だと知り合いをかばう、人を殺したという状況だけで死刑とは・・・・・?なんともね~・・・裁判員制度に選ばれたら・・・・・???

以下 コピぺ

「主婦3人殺害事件近所の集団いじめに対する報復だったのか?裁判員達がサマヨった5日間…衝撃の結末」
土曜プレミアム衝撃の逆転裁判ドラマサマヨイザクラ◇裁判員になった”ネットカフェ難民”の男性が日本中を震撼(しんかん)させた殺人事件と向き合う。郷田マモラ原作、荒井修子脚本、波多野貴文監督。フリーターの圭一(伊藤淳史)が久しぶりに実家に帰ると、裁判員選任手続き期日の知らせが来ていた。裁判所を訪れた圭一は裁判長の鷹尾(大杉漣)らに、自分がネットカフェを転々としていることを打ち明けるが、裁判員に選ばれる。ほかに学生の由美香(加藤ローサ)や主婦の仁美(宮崎美子)らが選ばれた。審理するのは雪彦(塚本高史)という青年が近隣の主婦3人をナイフで殺した事件。雪彦は自分の家族が町の人たちにいじめられたことによる復讐(ふくしゅう)のために犯行に及んだと言う。雪彦の部屋にはアニメのキャラクターのフィギュアなどがあり、引きこもりだった。同じようにアニメが好きな圭一は、雪彦が道を踏み外した自分自身だと気付き驚く。

*非常に文面が分かりにくいかもしれませんが~お許しを・・・。

裁判員制度
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Yahoo! JAPAN ニュース
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

120min

Author:120min
FC2ブログへようこそ!

最近のコメント
最近の記事
最近のトラックバック
カテゴリー
綾魂
茅原実里オフィシャルサイト
リンク
RSSフィード
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。